読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

可視化法学

とかく複雑な法律を情報技術の力を使って分析するプロジェクトです

スタンフォード大学で、CodeX FutureLaw Conference 2017というイベントがあるそうです。

スタンフォード大学法学部で、CodeX FutureLaw Conference 2017というイベントがあるそうです。

http://conferences.law.stanford.edu/futurelaw2017/conferences.law.stanford.edu

開催趣旨に、

CodeX’s fifth annual conference focusing on how technology is changing the landscape of the legal profession, the law itself, and how these changes impact us all. (訳) Code'Xは、5週年目の会議です。テクノロジーが、法の専門家、法自体の地平を変え、それ自体がどのように我々に大きな衝撃を与えるかに焦点を当ててます。

があるように、情報テクノロジーと法の相互参照をテーマにした学会です。

FutureLaw2017では次のような話題を話すようです。

  • 法予測分析システムと危険と約束
  • ルールシステム
  • 法チャットボットの夜明け
  • ABA(アメリカ法曹協会)による法サービスの未来
  • 法律事務所が法的基準を守るべき理由
  • ロボット法律家時代の、法教育再構成
  • 法利用者ラウンドテーブル

色々面白そうなテーマですね。